楽天リンク(Rakuten Link)の通話品質の悪さ(遅延・音が割れる・切れる)を改善する方法(裏技)

昨年1月から契約した楽天モバイル、かれこれ1年以上になったけど、動画は見ないしゲームもしないので1ヶ月のデータ量は1GBもあったら十分。

から本当にタダなんです。

と思っていたら楽天から1GBまで0円のプランを廃止するとの発表があった。

これではどこと契約しても同じ。

けれど楽天のメリットは、無料通話アプリ「楽天リンク」が用意されており、これを使うことにより通話料が0円になるということ。

ところが・・・

 

楽天リンクの実際

楽天リンクについては楽天によると

Rakuten Linkとは、プレフィックス番号やIP電話とは異なる、RCS(Rich Communication services)を用いた音声通話やSMSに代わる新しい次世代のメッセージサービスです。

とあるけど正直意味はわかりません。

 

でもたまに電話をすると音がバリバリといった感じで割れるし、ものすごく遅延があるのでとても話しにくい。

相手が何を言っているのかわからないこともあるくらいだ。

まるで何十年も前の衛星中継のような感じである。

ネット上では通話が勝手に切れるという報告もある。

 

まあそれでもビジネスで使うことはほとんどないし、ただなので我慢して使っていたのでした。

で、よくよく考えると電話を使うのはほとんど自宅なのだが、自宅は楽天モバイルの圏内なので楽天モバイルの回線を使っているはず。(のちにそうではなかったことが判明)

この時、通話品質はいつもどおり最悪

 

ところがある日職場で電話がかかってきたので会話をしてみると、別に何の不具合もなく明瞭に聞こえるのだった。
遅延もなし。

調べると職場は楽天モバイルの圏外なので、パートナーのau回線である。

ひょっとして回線のせい?

それにしてもひどいと思い対策を考えようと思い立ったのでした。

 

楽天の返事

楽天への質問はAIが受けるのが簡単なのだが、これがトンチンカンな返事しか帰ってこずただただ腹が立つだけ。

電話でも質問ができるがなかなか繋がらない。

結局メールが一番確実なのだがメールでさえも担当部署がいくつかに分かれているようで、ちょっと違うことを聞くとそれは他の部署ですと責任転嫁をする始末。

それでも粘り強くいろいろ聞きまくって重大な返事をいただいた。

 

それは

スマホがWifiに繋がっているときは、楽天リンクはインターネットを通じて繋がっている。

ということ。

つまり自宅では楽天モバイル回線の圏内であるのに、その回線には接続されず自宅のWifiを介してインターネットに繋がっていたのだった。

 

ちなみに楽天リンクを使わずに通常の電話アプリで電話をかけると、楽天モバイルの回線で繋がり通話も問題ない。

 

実験

自宅で妻に同じ部屋で電話をかけてみた。

両方とも楽天モバイルで楽天リンク使用、Wifi接続。

すると、自分が話した声が相手のスマホから2秒経って聞こえてくる。
遅延が2秒もある。

 

こちらが喋ってその声を聞いて即座に答えを返したとしても4秒後に返答が返ってくることになる。

これでは会話はかなり困難ですね。

この接続が終わったときのスマホの表示がコレ。

 

 

今度は片方だけWifi接続を解除してみた。

状況は同じ。

 

それではと両方ともWifiを解除して楽天モバイルの回線で電話をかけてみた。

なんとまともに通話ができるではないか。

遅延も気になるほどではない。

音質もいい。

この接続が終わったときのスマホの表示がコレ。

 

送話・受話のどちらかがWifiを通じて接続していたら通話品質が悪くなるのだった。

 

ちなみにLINE電話Viber電話などのWifiを介した電話の通話品質は全く問題ないから、やはり楽天リンクとWifiの相性だと思われる。

 

さらに、Wifi接続で通話中スマホのWifiを切断したら通話も途切れた。
回線が切れたのだから当たり前だが、楽天リンクで通話中に切断されるという事象はこれが原因だった。

つまり意図せずコンビニなどのフリースポットにWifi接続されているとき、移動に伴ってWifiが切れると回線も切断されるのだ。

逆に楽天モバイルの回線で接続中、自動的にフリースポットに繋がるとそこで電話回線が切り替わり通話中の回線が切れるのだ。

もちろん通話ではなくデータをダウンロードしているときは、回線が切り替わっても問題は起こりません。

 

まとめると

以上の実験からまとめると、次のようになる。

・楽天リンクアプリはWifiで接続するとものすごく品質が悪くなるが、通常の4G回線だと全く問題はない。

・楽天リンクで通話中、Wifi←→楽天モバイル(4G)の切替を行うと通話が遮断する。

 

対策(裏技)

どのキャリアを使用するにしても電話料金は必ずかかるので、楽天リンクアプリは品質さえ良ければ無料なので非常に助かる。

 

品質をよくするためには通話のときは4G回線で繋げば良いのだけど、通常はできるだけWifiで接続したい。

 

楽天リンクの機能としてWifi接続をoffにできたら一番いいのだけど、楽天に問い合わせたところ、返事は

基本的にはWi-Fi接続となりますがLTEに優先的に接続の設定をして頂くことも可能で御座います。
左上三本線→設定→通話とメッセージ→通話時に優先的にLTEに接続する。

ところが楽天リンクアプリの設定に「通話時に優先的にLTEに接続する。」がない!

こういうのくたびれます。

 

この件について再度楽天に問い合わせた結果が次の通り

恐れ入りますが、該当の設定はAndroidバージョンが10以降の製品にてご利用いただくことが可能となっております。
そのため、ご連絡頂いたAndroid9が最新バージョンとなる製品では、ご利用いただくことはできません。

クソッ! だめか
我がスマホはAndroid9までしかアップデートできなかったのだ。

Android10の人はこの方法で解決できるはず。

 

Androidのバージョンアップはどこまでできるかということは、端末によって違うということがわかった。

次に買い替えるときはAndroidのバージョンアップについても考えなければ。

 

以上のことから私は次のようにして電話料金を無料に、しかも品質の良い通話を実現することにした。

・通常は楽天リンクのアプリを強制停止にする。

すると外からかかってきた電話は通常の電話アプリが受けるので、全く問題のない通話が可能。
この場合着信なので電話料金は発生しない。

 

・こちらから電話をかけるときは、Wifiを切断して楽天リンクでかける。

こうすると4G回線で接続されるので、楽天リンクを使っても問題なく通話できる。
もちろん楽天リンクを使っているので通話料0円。

・楽天リンクアプリは強制停止にしておいても通話で使ったら勝手に立ち上がるので、通話が終わったら次の着信に備えて楽天リンクを強制停止にしておく。これは送話のときだけで受話のときは必要ありません。

以上で通話料0円のまま品質の良い通話を実現できます。

いちいち強制停止にするのが面倒だけど、通話0円にするためには仕方がない。

送話終了時だけだし。

 

ちなみに0570への発信は通常の電話アプリでしかかけられないので電話料金が発生します。
これは何を使っても同じです。

 

だけどそもそも楽天リンクはWifiにさえ繋がっていれば4G回線の圏外でも、電話をかけられるというのが強みのはず。

 

なんとか楽天リンクを改善してほしいと楽天に要望したのだが、何日も経って帰ってきた答えが

大変恐れ入りますが、Wi-Fi接続時に発生した事象につきましては動作保証外となっております。
Wi-Fiの設置環境等によって電波状況が異なり、通信が不安定になることがあるためサポートすることができません。
誠に申し訳ございませんが、改めてLTE回線に接続しご利用いただけますと幸いです。

また期待を裏切られた!

0円はありがたいのだが・・・

 

Posted by kazu-DIY