ガレージ屋根下収納

物置の中が一杯になって置く所がなくなった。

どこか置く所はないか・・・

 

物置は「物を置く」所なので、ロープなどを吊したり、長いものを立てかけるのは苦手です。
収納した長い物を取り出すのがとても面倒。
奥にある物は手前の物を先に出さないと取れません。
しかもだんだんと物が増え、もう置く所がなくなりました。

とりあえず長いものだけでもどこかに置けないか。
敷地内を探して思いついたのが、ガレージの屋根の下の空間

ややこしいことはしたくないので単管パイプを2本横に設置して、その上に長いものを置くことにしました。

単管パイプ用の「垂木受け」をガレージの鉄骨に取り付けるため、直径6mmの穴を開けます。

垂木受けを直径5mmのステンレスネジで取り付けます。

縦の単管パイプを垂木受けに取り付けます。
万が一ジョイントが緩んでも落ちないように、直径5mmのステンレスネジをストッパーとして縦の単管パイプに取り付けておきます。

下もストッパーを付けて横の単管パイプが下に落ちないようにします。

これで2本の単管パイプを使って、スキー板や釣り竿などを置きます。
台風時の強風でも落下しませんでした。

板を渡してその上に塗料なども置けます。

これで必要なときは踏み台を使えば簡単に取り出すことができます。

あまりにも便利なのでさらに「ジョイント」を使って増設しました。

今はこんな感じです。

工事

Posted by kazu-DIY