風呂の水栓を交換

風呂のサーモスタット水栓を交換しました。

DSC_0054

サーモスタット水栓も20年以上使っていると、温度調節のレバーを回すと「ギリギリ」と音を立ててスムーズに回らなくなります。
温度はちゃんと調節できるものの、動きが悪くなると使っていても気持ちよくありません。
これは交換前の水栓。

DSC_0024

一度水栓内を開けてみましたが、サーモスタット部分は一体となっていて分解は不可能。
放っておいても直らないので交換することにしました。

新しい水栓はTOTOのTMWB40EC

すでに廃版になっていますが、在庫があったようで税込み28,000円程で購入できました。

まずは水道の元栓を止めます。
これで水・湯の両方が止まります。

水栓の根元のナットを外します。

DSC_0025

水栓本体が取れます。

DSC_0028

次に脚の部分をウォーターポンプ・プライヤーで回すと、

DSC_0029

かんたんに外れます。

DSC_0031

外すとこんな感じ。

DSC_0033

新しい水栓の脚部にシールテープを巻きます。

DSC_0037

脚部を取り付けます。

DSC_0039

水平かつ2つの管の距離が規定通りになるよう調節します。

DSC_0040

水栓本体をスパナで固定します。
傷がつかないよう、あて布をしています。

DSC_0042

最後に壁に当たるスペーサーのような部品をくるくると回して壁側に密着させたら本体の取り付けは終了です。

DSC_0043

次にシャワーハンガーの取付ですが、今回一番心配だったのはこれ。
取り付けネジの位置が新旧同じかどうか分からなかったのです。
もし位置が違っていたら、穴の開け直しなど面倒なことになるからです。

まず古いハンガーを外します。

DSC_0046

新しいハンガーの台座を当ててみたら・・・

DSC_0050

さすがTOTO、20年以上経ってもネジの位置も大きさもピッタリ同じでした。
何年経っても交換できるよう、こういう部分のサイズを変更しないことは大切です。

台座にハンガーをはめたら出来上がりです。

DSC_0052

完成しました。

DSC_0054

なおシャワーヘッドはエアインシャワーといって湯が水滴状に噴出されるため、少ない湯量でたっぷり湯があたっているように感じられます。

DSC_0055

トータル28,000円なら安いものでしょう。

Posted by kazu-DIY