ミミズの駆除

ミミズの駆除をしてみました。

これはミミズの糞。

芝生にとってミミズは悪いものではありません。
土を食べて土中の有機物を分解してくれ、植物にとっていい土壌にしてくれます。

それにしても多すぎる。

ネットで調べるとミミズの糞は、芝生にとって景観が悪くなることと芝刈り機の刃を傷めるのが欠点だとか。

あと土のpHを悪くするなどという記述も見られますが、あまり根拠はなさそうです。
むしろ植物にとってはいいようです。

でもあまりにも糞が多すぎるので、試しに駆除を試みてみました。

使ったのは「椿油粕」。

椿の種から油を絞ったあとのカスです。
Amazonで5kg1500円(送料含む)ほどで購入しました。

成分のサポニンにミミズやナメクジの忌避効果があるらしい。

芝生に椿油粕をばら撒いて水をかけるだけ。

まず椿油粕を撒いたら、

なんとすぐにミミズが地中から出てきた!よほどサポニンが嫌なのだろう。
さらに水をたっぷり撒くとさらにミミズが出てきました。

なんかミミズに悪いことをしたような気持ちになってきた。

ミミズより遥かに困るのは、コガネムシや蛾の幼虫です。
芝の根を食べてしまうからです。
3日ほどで芝生が全滅したことも過去にありました。

そうなったら殺虫剤を撒かないといけない。
その時はミミズも死んでしまいますが。

Posted by kazu-DIY