ブレーキパッド交換

簡単そうなので自分でブレーキパッドを交換してみました。

2年ごとの車検を受けても、ブレーキパッドは一度も交換したことはなく、いつも「まだ大丈夫」と言われます。
でも走行距離12万kmを越えたとき、いくら何でももう交換した方がいいだろうと思い、チャレンジすることにしました。

普段の運転では、停止するときは極力エンジンブレーキを使い、止まる寸前でブレーキをかける程度なので、ブレーキパッドもあまり減らないだろうとは思っていたのですが、実際にどれだけ減っているのか確かめようとも思ったのでした。

ディスクブレーキの構造

ブレーキパッドを交換するには、その構造は頭に入れておかなければとてもできません。
ディスクブレーキの構造の簡略図を下に示します。

ブレーキペダルを踏むとブレーキフルードに圧力がかかり、ディスクローター内側のピストンを押す。

ピストンが内側のブレーキパッドを押す。

ブレーキパッドがブレーキローターを押す。

ブレーキローターが外側のブレーキパッドを押す。
(ブレーキローターは車軸の方向にフリーに動くようになっている。)

この流れで力が伝わり、結局ブレーキローターを両側からブレーキパッドが挟むことになり、摩擦力が発生します。

ブレーキパッド購入

せっかくだから純正より性能のよさそうなブレーキパッドにしようと思い、ネットで調べて制動機屋というショップから、DIXCEL の EC type を購入しました。 前後1台分で11,760円でした。

リアブレーキ交換

まずは簡単そうなリヤから。根拠はありませんが。

タイヤを外し、ウマをかけます。

後からキャリパーを覗くとがあり、この窓から中のブレーキパッドが見えるので減り具合がわかります。

と言っても、初めてではよくわかりません。
交換後の写真と見比べるとよくわかります。
下の写真がブレーキパッドを交換した後の写真です。

真ん中がディスクローター。
その両側のシルバーの物体がブレーキパッドです。

キャリパーは上下2本のボルトで固定されています。下のボルトを外すと上に持ち上がり、ブレーキパッドが現れます。

このままパッドを交換しますが、作業中キャリパーが落ちてきたら痛いじゃ済まされないので、針金で固定しておきます。キャリパーは鉄の塊なので、重いのです。

このような状態で付いています。

外・内両側のブレーキパッドを外します。

ブレーキパッドを外すとごらんのようにローター周りはスカスカになります。

外したブレーキパッド。ローター側の面です。

こちらはその反対側、シム(薄い鉄板状の部品)が付いています。

セレナの場合は、リヤブレーキはシムが2枚あります。
上2枚がシム、下がブレーキパッド。 左が外側、右が内側です。

新旧ブレーキパッドです。上が旧、下が新品。


新品が7mmに対して旧品は3~4mm残っているので、3~4mm摩耗したことになります。ちょうど半分です。

ブレーキパッドとシム、シムとシムの間にはグリスを薄く塗ります。熱で固着するのを防ぐためと、鳴き防止です。
グリスは購入したブレーキパッドに附属していたものを使いました。

新品のパッドを取り付ける前に、ピストンを押し戻しておかなければなりません。
パッドは使っているうちに少しずつ摩耗するので、ピストンが徐々にローター側に飛び出てきます。従ってパッドを新品に交換したら新品の厚さに戻るので、ピストンを押し戻さないと、飛び出したピストンが邪魔になってキャリパーを戻せないのです。

リヤ側は写真を取り忘れたので、フロントを参照してください。

またブレーキパッドが摩耗してくると、ピストンが徐々にローターに近づいてきますので、ブレーキリザーバータンクの液面が下がってきます。
そのためひょっとしたら車検時などでブレーキフルードを補給しているかもしれません。

その場合、新しいブレーキパッドに交換するとピストンがもとの位置にもどるので、ブレーキフルードが押し戻され、リザーバータンクから溢れる場合があります。その場合はスポイトで抜いてやる必要があります。

DSC_0006

元通り組み立てたら終了です。

フロントブレーキ交換

続いてフロントブレーキです。

リアと同じようにキャリパーを持ち上げてブレーキパッドを取り外します。

上が今まで付いていたパッド、下が新品。

新品の厚さは9mm、旧品は7mm。したがって、2mmの摩耗
これじゃ交換なしで20万km走れそうですね。

ピストンを押し戻しておきます。
フロントはピストンが2つあるので、メガネレンチを2つのピストンにあてがい、Cクランプを使って押し戻しました。

この時エンジンルーム内のリザーバータンクにブレーキフルードが戻るので、溢れるようだとスポイトで抜き取らないといけません。
今回は大丈夫でした。

フロントはシムは1枚です。
写真は上からシム、古いブレーキパッド、新しいブレーキパッド。左が内側、右が外側です。

次の写真は左側がグリースを塗ったシムとブレーキパッド、右側がそれを合体したところです。

これを元通り組み付けたら交換終了。

交換したら、ブレーキペダルを数回踏みます。
そして以前の手応え(足応え?)になったらOKです。

結果

ブレーキパッドの交換は思ったより簡単でした。
しかし重要な部分ですので、自信のない方はプロに任せましょう。

セレナの場合フロントの方が大きいパッドが付いているので、フロントの方が減りが少ないです。リアの方が早く寿命を迎えます。
したがって、フロントを1回替える間にリアを2回といったところでしょうか。

パッドをぎりぎりまで使用せず、早めに交換した方が安心ですしブレーキのタッチもいいそうです。

新品になったブレーキパッドの感触は、とてもいいものです。
微妙なブレーキ操作が簡単にできるようになった気がします。

そして何よりはっきり効果があったのは、ブレーキの鳴きが全くなくなったこと。
新車の頃から低速の下り坂で「キ~~~~」と鳴っていたのが、全く鳴かなくなりました。
こんなものかとあきらめていたのが、ブレーキパッドの交換だけで静かになったのでした。
これだけでも大満足です。

費用は11,760円のみ。

Posted by kazu-DIY